手作りの匂い袋「ゆるまる香」について おしゃれな匂い袋は贈り物としても人気でおすすめ! | 花つむぎ

「匂い袋に興味があるけれど、そもそも匂い袋って何だろう?」と疑問をお持ちの方も、いらっしゃるかもしれません。匂い袋は、日本で古くから用いられてきたものです。

手作りの匂い袋を販売している花つむぎが、匂い袋に関する基礎情報と匂い袋の作り方をご紹介いたします。匂い袋に興味がある方、おしゃれな匂い袋をお探しの方は、どうぞご覧ください。

匂い袋とは?

ゆるまるテトラ香 抹茶・桜

匂い袋とは、香料を入れた小さな袋のことです。奈良時代にはすでに、匂い袋のルーツとなるものが存在していたと言われております。数種類の香料を調合し、衣装や絵巻などを害虫から守るものとして活用していました。その後、おしゃれや身だしなみとして女性はもとより、男性たちの間でも人気となり、現在では様々な場面で利用されております。

匂い袋の歴史を知りたい方は、こちらのコラムもご覧ください。

花つむぎの匂い袋「ゆるまる香」の作り方

ゆるまる八角香 椿

花つむぎの匂い袋は、一つひとつ手作りです。

1.生地の仕入れ

金襴は見た目の華やかさを重視しております。たくさんある金襴生地から、花職人が心惹かれた次のような柄だけを選び、仕入れております。高級感のある発色・柄のもの、その中でもゆるまる香にした時に映える小さめの柄です。絹に関しては、柄はもちろんのこと、肌触りを最も重視して仕入れます。

2. 生地をカット・縫製

それぞれの型紙に合わせて生地をカットしたら、手縫いで一針一針丁寧に縫っていきます。

3. 香材を詰める

美しい形を作るために、土台としてオーガニックコットンを詰めております。その中に、袋(紙のお茶パックのようなもの)にそれぞれの香材を詰めたものを入れ込みます。

「ゆるまる香」のこだわり

花つむぎでは、「五感を満たす匂い袋を作りたい」という思いから、美しい和柄の中でも金色の糸を用いた華やかな金襴生地や、滑らかな手触りや美しい柄の長襦袢用・胴裏用の絹を使って、美しい柄が出るように一つひとつ手作りしております。

合成の香りがとても苦手なため、100%天然の香原料のみで、元アロマセラピストの経験も活かして、オリジナルの調合をしております。また、形もよくある巾着型では面白くないと考え、他にはないオリジナルのものを!と、にゃんこ型を生み出しました。

他にも、シンプルで持ちやすい八角形・ハート、盛り塩代わりのテトラ型、ストラップとして勾玉をご用意いたしました。

金襴生地を使用した手作りの匂い袋は、おしゃれな華やかさが魅力で、贈り物にもおすすめです。おすすめ・人気の匂い袋をお求めになりたい方は、ぜひ商品一覧をご確認ください。

贈り物としても人気でおすすめ!おしゃれな手作りの匂い袋をお探しの方へ

ゆるまる香のオリジナル調合の香りは「みちる」「弥栄」など6種類ご用意しております。それぞれ香りの意図するテーマがございますので、必要と感じる子をお求めくださいませ。また、大切な方への贈り物としても他にはないオリジナルなものですので、その方を思い浮かべ、ぴったりの子を探してみてくださいませ。

日本の伝統的な文化を集めたものですので、海外の方への贈り物にもおすすめします。目で見て、香りを聞いて、心がゆるむ「ゆるまる香」。花つむぎのオリジナル匂い袋は、贈り物としても人気がございます。形も香りも楽しめる手作りのお護りのような匂い袋の商品一覧は、こちらからご覧いただけます。

手作りの匂い袋を購入したい方は花つむぎへ!

会社名 花つむぎ
代表者 渡邉 道子
住所 〒484-0071 愛知県犬山市内田東町2-6
営業案内
電話受付10:00-20:00

※移動中など出られない可能性がございます。

こちらから折り返しお電話いたします。

定休日 不定休
TEL 090-1726-4475
ホームページURL https://hanatumugi.com
PAGE TOP