オリジナルの匂い袋や友禅柄のしおり香を作成する花つむぎ 友禅和紙について

花つむぎでは、オリジナルの匂い袋だけでなく友禅柄のしおり「ゆるまるしおり香」も販売しております。この、ゆるまるしおり香の素材である友禅和紙は、華やかな柄が特徴です。そんな友禅和紙と、ゆるまるしおり香の特徴をご紹介いたします。

友禅柄を和紙で表現した友禅和紙について

本に挟まれたゆるまるしおり香

友禅と言えば、京友禅・加賀友禅・東京友禅・十日町友禅などの着物をイメージされる方が多いでしょう。友禅柄の着物は花鳥風月が華やかに描かれており、ハレの日にぴったりな色鮮やかで華やかな柄が特徴です。

その華やかな友禅柄を和紙で表現したのが、友禅和紙です。明治頃、友禅柄の雛形を採用した千代紙が多かったことから、千代紙の銘柄を友禅和紙(友禅紙)と呼ぶこともあります。つまり、子供が鶴や兜を折って遊ぶ千代紙にも友禅和紙が含まれているのです。そのため、友禅和紙を手に取ってみると懐かしい気持ちになる方もいらっしゃるかもしれません。

日本人にとって馴染み深く、懐かしい気持ちにさせてくれる友禅和紙を使った「ゆるまるしおり香」には、白檀・沈香・桂皮・山奈などを調合したオリジナルの香りをつけております。読書のお供に、ぜひお使いください。

ゆるまるしおり香の特徴

ゆるまるしおり香 ~未知なる調べ~

もともと読書が好きで、「本からふんわり香りがしたら素敵だなぁ~」と思ったことをきっかけに作成したのが、ゆるまるしおり香です。しおり香の作成にあたり、香りをつける方法をどうするか試行錯誤した結果、粉末の香原料を使うという答えにたどり着きました。

白檀・沈香・桂皮・山奈などを調合したオリジナルの香りは、読書の邪魔をせず心地良く感じる程度の優しい香りです。目で友禅柄を楽しみ、鼻で香りを楽しみ、手に持つことで和紙ならではの感触が楽しめるというのが、ゆるまるしおり香の大きな特徴と言えます。読書が好きな方はもちろん、手帳やノートを書く習慣がある方にもおすすめです。

ゆるまるしおり香は厳選した21種類の友禅和紙を使用しておりますが、落ち着いた色合いの草木染和紙を使用した好事家のためのしおり香も作成・販売しております。こちらは、エグゼクティブな読書家の方・本物志向の方・草木染めや和紙の感触がお好きな方におすすめです。

オリジナルのしおり香や匂い袋を作成・販売する花つむぎ

花つむぎでは、オリジナルの香りをつけたしおり香や匂い袋を販売しております。すべて心を込めて手作りした子たちです。上記でもご紹介した通り、しおり香は目や鼻、手触りで楽しめる仕上がりとなっております。匂い袋は、日本らしいものを提供したいと考え、和柄(金襴生地)を使用しました。美しい和柄の匂い袋は、目でも楽しませてくれます。手作りの和柄の匂い袋を購入する際は、ぜひオリジナルの香りが楽しめる花つむぎの匂い袋をお求めください。

オリジナルの匂い袋をお探しの方は花つむぎへ!

会社名 花つむぎ
代表者 渡邉 道子
住所 〒484-0071 愛知県犬山市内田東町2-6
営業案内
電話受付10:00-20:00

※移動中など出られない可能性がございます。

こちらから折り返しお電話いたします。

定休日 不定休
TEL 090-1726-4475
ホームページURL https://hanatumugi.com
PAGE TOP